占い師で起業したいなら、吉祥天と弁財天の違いくらい知っておこう

風水師の但馬檀です。

上野不忍の池は、金運があがるスポットとしては有名で、弁天様は、昔からなじみのある場所です。

それで、先日都内でパワスポ巡りをしようとお邪魔したのですが、それから弁天様へのご縁が続いてまして。

先日は、吉祥寺にある、弁天様に行きました。

帰りにとっても素敵なレストランも、教えてくださいまして、ありがたい限りです。

ちなみにこちらは、弁天さんだけでなく、旦那さんの大黒天と愛人の毘沙門天が祀られている、三角関係のお社です。

宝船は、一切多夫の象徴?

神様のお話なのに、いきなり三角関係って?

なんだかもの騒ぎな雰囲気ですね。

しかし七福神の宝船も、よくよく見ると、女性って弁天様たった一人です。

ちょっと調べてみると、もともと、ここには愛の神様である吉祥天、ヒンズー語ではラクシュミーが入っていたのです。

しかし、だんだんと弁天様、ヒンズー経のサラサワディーに変わっていったとか。

まるで女帝のような勢いですが、弁天様って、もともと戦いの神様なので、まぁそれもありかな?とも思えます。

ラクシュミーとサラスワディーの違い

占い師ですので、こういった神様のお話なども出てくることがあります。

一般的には、神様は聖域にいるので不倫や略奪などはないとされていますが、この時点で何か違う感じがあります。

もう少し調べてみましょう。

この2人の違いですあg、ラクシュミーは愛と豊かさを与えるので、あげまん的な資質が高そうです。

しかし、彼女は移り気な側面もあり、一つ所にとどまらず、誰が捕まえても簡単に逃げてしまうとか。

この時代から、女は強いものが手に入れるという、モノ扱いの習慣があり、ラクシュミーのように、つかまりそうで捕まらない存在は、自分に自信のある男性なら、誰もが追いかけたくなりそうです。

ところで、もともとが戦いの神サラスワディー(弁天)は、強いだけでなく、ウルトラ級の美人です。

生みの親である最高神のブラフマーが、あまりに美しいその姿に、逃げるサラスワディーを無理やり妻にするくらい美人です。

念のため書いておきますが、この神というのは、たいていが当時の権力者の事です。

つまり、欲求のままに行動する、倫理観のない昔の事なので、本当に娶ってしまったと考えて良いでしょう。

さて、話を戻します。

サラサワディーは、相手が最高神だったので、勝てませんでしたが、もともと槍や剣を持つ神なので強い事もわかります。

ラクシュミーとは対照的に、自分がバリバリ稼ぐ人と考えて良いでしょう。

貴族階級でもない限り、昔の女性の労働負担は多いです。

そう考えると、日本に入ってきてしばらくして、宗教がどんどん民衆の間に広まってきた。

それに伴って、象徴となる神様についても、変化があったのかな?とも思えます。

ラクシュミーはあげまん

昔の神様の信仰は、貴族など高級な身分だけだったので、女性は家で優雅に綺麗にしていれば良かったのですよね。

そして、主人をあげる仕草や言葉を覚えると良かったのです。

つまり、あげまんになりたいなら、ラクシュミー。

こんな大昔から、あげまんの資質が決まっているのは、面白いなぁと思います。

ラクシュミーの旦那様

そして、彼女が最終的に長く添い遂げたのは、力ではなくラクシュミーの望みを聞き入れた、最高神の一人維持の神ヴィシュヌ。

力ではなく、対等に彼女に接して、彼女の幸せのために尽力したわけですね。

そして、彼のエネルギー源となったそうですので、お仕事のサポートを全力でしたという事でしょう。

権力ではなく、我欲でもなく、彼女の幸せのために動いています。

サラスワディーは努力家

そして、もっと面白いなと思うのが、サラスワディー。

彼女は、ラクシュミーの、旦那さんの一人、毘沙門天に横恋慕して、後釜に収まったというお話があります。

そして、はじめは剣や槍、独鈷など、戦う道具ばかり持っていたのが、後に琵琶を持つように。

時代性といえば、それまでなんですが、ちょっと視点を変えてみます。

サラスワディーの変化を、純粋に男女間の問題から見てみる。

古代では強くて権力があれば、女でも帝位についてました。

サラスワディーは強いだけでなく、生みの親がたまらず娶ろうとするくらいの、美しい神様です。

そう考えると、毘沙門天も、美人のサラスワディーにアプローチされ、まんざらでもないはず。

しかもラクシュミーは、上に書いた通り掴みどころもないですし、移り気。

それに比べ、弁財天は他人の旦那さんに惚れる位ですから、一途だったのでしょう。

そんな気持ちに負けてしまう、毘沙門天の気持ちもわからなくないです。

しかし、暮らし始めたら、ラクシュミーのように殿方をあげるような接し方はできなかった。

戦う女性とは上手くいかない。

それで、毘沙門天の心を引き止めるため、サラスワディーは琵琶を弾いて彼の気を引いた。

そんな風に考えてみるのも、面白そうです。

大黒天と毘沙門天

最終的にサラスワディーの旦那さんといわれているである大黒天のマーハカーラ。

最終的に、毘沙門天クペーラを吸収したそうです。

上にも書いた通りで、当時、まだ倫理観などは、確立されていなかったと考えてよいでしょう。

欲しいものは、強いものが奪う時代に、無敵に近い闇の神、大黒天。

インドで描かれているその姿は、日本のものとは違い、とても恐ろしい形相をしています。

頭の上にドクロをいくつも飾っているような神ですから、吸収ってつまり、本当に吸収しちゃったと考えるのが妥当。

ギリシャ神話の時も思いましたけど、昔の神様とされていた存在って、なんだかすごい人たちばかりですね。

話を戻しましょう。

そんな人たちでも、イイ男をとどめておきたければ、女性は必至で努力し、いい女をとどめて置きたければ、やはり必死で男性が頑張る。

そんなところでしょうか?

まとめ

昔の神様ほど、人間の欲望のドロドロさ加減を表しているものはないと思う、今日この頃です。

出雲大社で祀られている大国主命も、結婚後に、別の女性と駆け落ち、つまり不倫して逃避行したのは有名な話です。

で、この中で一番幸せなのは、何事にもとらわれず、姉妹の事もとりなしてくれた、温和なヴィシュヌとの結婚に応じたラクシュミーのように思えるのです。

そして日本では、夫である毘沙門天に焦がれるサラスワディーが現れて、さっさと次行っちゃう吉祥天のラクシュミー。

ざっくりと簡単に調べただけですが、彼女だけ、誰かに執着することなく、自分軸と、周囲への愛で生きているように思います。

男性に自分から恋するという流れが一切ない、というのも面白いです。

そして毘沙門天は、あげまんである豊穣の神のラクシュミーを捨ててサラスワディーと一緒になった。

その後、大黒天に吸収されてしまった、なんてところも、因果応報的な感じで興味深いです。

 

投稿者プロフィール

但馬 檀
但馬 檀風水家
但馬 檀 風水家
IT系アウトソーシング起業に勤めた後、外資系企業のTOPマネージャーアシスタントに抜擢。その後、フリーとして活動。

家庭の事情でいったん休業。その後風水師として活動再開。世界一の除霊センターと言われるジョンオブゴッドにて数回の治療を行っても治らなかった方の症状を改善・医療ビル内での風水改善やトラブル改善のアドバイスを行う。

最近は、占い師講座・起業のためのアドバイスなども行っている。

起業アドバイスについては、お客様へのメール対応の仕方や、パソコンやスマホを使った、効率の良い記事の書き方などを教えるのが得意。